2020

令和二年始まりました。今年はオリンピックイヤー。私的に決まっている予定は2/6-21までサンフランシスコです。本日1/4より通常営業始めました。とはいえ特別な事は何一つないのでいつも通りお待ちしております。

事実は小説より奇也

最近つくづく思う。映画や小説等の創作物よりも実際の出来事が想像を超えている。勿論創作物は過去の出来事や創造物ベースにしているとは思うしフィクションだけら許される有りえなさもエンターテイメントとして成立する。

2019年の最後に飛び込んで来た衝撃ニュース。

カルロスゴーンの密出国。なんでもホームパーティーに招いた楽団に紛れて関空入りし楽器ケースに入り貨物室で渡航したとの事。

そもそも日本を舐め切ったこの男に何故日産の運命を委ね無ければならなかったかのか。

面構え見てみたら分かる品性下劣。

人も物も本物と付き合う見る目を養おう。

NorCal

Arcata から1時間ちょっとの所まで来ました。
僕の好きなノースカリフォルニアはこんな感じのイメージ。とても広い庭で植物果物なんか育てています。日本の山間部にも似ていますね。
人が集まると結構な確率でBBQ。ノーキャルは薪なイメージです。
庭に離れに泊めてもらいました。
庭というか裏山です。
一緒に行ったニコラスは早起きして近くの川で釣り。

最高な所です。また行きたいですね。

ARCATA

ARCATA 盟友ニコ地元。アメリカ人でもあんまり知らない街。ここは年に2回くらい来てます。101をひたすら北上する昔のロードムービーみたいなドライブが楽しめます。
Big foot伝説が残る街。スタンドバイミーはオレゴンですが雰囲気は近いです。
レッドウッドの森

来たら毎回寄るローカルスケートショップ。ノーキャルのこの雰囲気大好きですね。

Live

ゆらゆら帝国を見たのが2007年とかなんで10年以上ぶりの坂本さん。サンフランシスコでも大人気でチケットはsold out。
会場直後。とても歴史がある良い雰囲気のホールです。
客に媚びない淡々と日本語でプレイする独特なサイケデリックミュージック。ラリーズ、灰野敬二70S日本のサイケデリックロックはカリフォルニアでは人気です。この手は日本人が得意な分野だと思います。

surfing

初surfingに連れっててもらいました。
サンフランシスコから1時間くらい。
遠浅でサメが少ないスポットみたいです。

連れってってくれたマットに感謝。まだまだ鍛錬が必要ですね。全く話になりませんが自然の中で遊ぶというのは堪りませんね。